マウスピースとは

別名ナイトガードともいわれているもので、夜間に上の歯を覆うカバーのようなものを装着する方法です。

54歳:男性

主訴マウスピース希望
治療内容:マウスピース着用
治療期間:3〜4回

治療の流れ

  1. 型取り
  2. 噛み合わせをとる
  3. マウスピースセット
  4. マウスピース調整

こんな方におすすめ

  • 夜間の歯ぎしりにお悩みの方
  • 朝起きたときに口が開かない
  • 顎を動かすときに音が鳴る方
  • 歯がすり減っている方
  • 詰め物が取れやすい方
  • 食いしばりの癖がある方

施術価格

内容

税込価格(円)

マウスピース(保険適用)

6,000円〜7,000円

よくある質問

Q,マウスピースをつけたら歯ぎしりはなくなりますか?

残念ながら無くなることはありません。
ナイトガードは、あくまで力から歯を守る物です。くいしばりによる力は、女性でも60~80㎏、男性であれば100㎏を超えると言われています。その力を慢性的にかけていると、どんなに硬い物でもダメになってしまいます。
くいしばりの改善は、まず「くいしばりをしている」という事を自覚して、その後に意識をして行動改善に取り組んでいきましょう。

Q,マウスピースはどうやったら作れますか?

マウスピースは歯の型取りをして作製します。市販で温めたらできるものが売られていますが、それは自分の歯にフィットさせるのは難しく、逆に病的になってしまうことがありますので注意してください。
型取り後1週間もあれば完成します。お値段も保険治療でできますので、5,000円程度で作製できます。

Q,マウスピース作成後、装着時に違和感を感じるのですがどうすればいいですか?

痛みや違和感がある時は、一度ご連絡ください。持ってきていただければ、調整いたします。

Q,マウスピースはなぜ必要ですか?

歯ぎしりは眠っている間に無意識のうちに行っていますので、ご本人がそれをやめるのは難しいかもしれません。
そのため睡眠中にマウスピースをつけることで歯ぎしりから守ります。※歯ぎしりによってマウスピースが削られ、歯が削れるのを防ぎます。

Q,マウスピースを装着したまま寝られますか?

装着時に違和感を感じてしまい、眠っている間にマウスピースを外してしまう方がおられることです。
もちろん、ナイトガードをつけることで安心して眠れる方もおられ、個人差が大きいです。