マイクロスコープという顕微鏡を使用し、直接目視しながら、感覚ではなく、根の中の汚れを除去できる新しい機器を用意しております。

歯の根の治療とは?

歯の内部には痛いと感じる『神経』と『血管』のある歯髄という部分があります。
歯の根の治療は単に「歯の神経を取る」というイメージがありますが、正確には「細菌感染を起こした部分を除去する」治療です。

根の治療は再発率50%以上とも言われ、実は非常に難しい治療です。
しかし、再発が多い治療と言われるのには理由があります。

歯の根の治療が難しい3つの理由

1.歯の根の形状が複雑なため、人間の目で見て治療するには限界がある
2.根管内に唾液とともに菌が侵入するため、除去後に再感染しやすい
3.密閉性の少ない被せ物により、長期的に見ると菌の繁殖が起きやすい
しかし、逆に上の3つの理由を改善することができれば成功率は跳ね上がります.

ハニー歯科の根管治療

1.複雑な形状の根は勘に頼る治療から、マイクロスコープ使いしっかり見ることで治療の確実性を大幅に上昇(※マイクロスコープは人の目の20倍)
2.ラバーダム防湿で唾液をブロックし再感染を防止
3.気密性の高いセラミック治療でさらに成功率をアップ

ハニー歯科では、ラバーダム防湿を徹底し、お口の中の菌が入らないようにすることはもちろん、感染部分を効率的に除去できる機器を使用し、1本1本を大切に治療しています。

神経を残せる場合はVPTをおすすめする理由

むし歯と歯周病は定期的なメンテナンスを行うことでかなり予防できるようになっています。しかし、歯根破折(歯根にヒビ)を予防することは、非常に困難で抜歯する他に手段は無く、治療法も確立していません。

歯根破折をしてしまう歯の多くは歯髄(神経)を取っている歯(無髄歯)であることが明らかになっています。つまり、抜歯により歯を失うことを避けるためには、できるだけ歯髄を保存すること(神経を抜かないこと)が重要になってきます。

リスク:治療したにも関わらず、痛みが治らない。または、痛みが出現してしまう可能性がある。
1度神経が回復し痛みがなくなっても、神経が死んでしまい壊死を起こしてしまう場合がある。その場合は、根の治療になってしまうので、治療回数や治療費がかかってしまう。

以上のようなリスクもありますので、口腔内の状況、患者さまの現在の状況なども踏まえて最適解を一緒に探していきましょう

根の治療の流れ

①当医院の根の治療のご理解、ご承諾(被せ物までの流れ、金額、キャンセルポリシーの確認)、神経が残せそうな場合はVPTまたはMTAによる神経保存療法に変更してよいかのご希望
②古い詰め物の除去、ラバーダム防湿(ゴムのマスク)の準備 30分~ ※必要あれば
③数回 根管治療〜根管充填(MTAセメント)        各回1時間
④ファイバーポストによる土台
⑤形成、仮歯、型取り ※歯肉に炎症ある場合は期間をおいて型取り
⑥セット
⑦噛み合わせのチェック

価格表

ラバーダム防湿&マイクロスコープ下の根の治療(約2〜3回:1回1H) ※必要に応じて別途ラバーダム防湿のための隔壁代
35,000円
ラバーダム防湿のための隔壁(必要により)
5,500円
土台(ファイバーポスト)
5,500円
セラミッククラウン(白い被せ物)
120,000円~150,000円
銀歯(根の治療が保険外のため、被せものが保険適用外となります)
33,000円