一度歯が悪くなってしまった場合、抜くほうが簡単な場合が多いのは事実です。

なるべく削らず 、患者様の歯を残す治療を行っております

基本方針

当院では2000年に国際歯科連盟(FDI)が提唱した、歯に与えるダメージを最小限に抑え、本当に悪い部分だけを取り除いて修復する「ミニマムインターベンション」に基づき、なるべく削らず詰め物の量を抑える、痛みを和らげる麻酔注射を用いる等、患者様に負担を与えず、できるだけ歯を残すための治療に取り組んでいます。

痛みを抑えた麻酔への取り組み3ポイント

麻酔の痛みは『針を刺す時の歯茎の痛み』『薬液を注入する時の痛み』があります。
当医院では両方の痛みを抑えるように3つのポイントで取り組んでいます。
麻酔の流れ
1.粘膜へ表面麻酔クリームの塗布
2.極細の針を採用
3.薬液注入時の痛み軽減のため、コンピューター制御の電動麻酔器で注入の圧力とスピードをコントロールしています。

『削る歯を最小限にするダイレクトCR』
多種類のプラスチックを直接歯に盛り付け、自然な歯の色に近い詰め物を再現する方法です。被せ物が不要なため、型をとる詰め物に比べて、歯を削る量を圧倒的に抑えることができます。

そして、削る量や範囲が少ないことで、自分の歯を弱らせることなく治療が可能です。
リスク:マイクロスコープとラバーダム防湿を使用した治療になるため、時間がかかることと保険外治療であること。また、適応症限定があります。

『セラミックインレー』セラミックを使用した詰め物のことです。まるで自分の歯のような自然な白さ、質感を再現でき、銀歯と比較するとむしばの再発リスクが抑えられます。ダイレクトCRではむしばが大きすぎて適応外で、被せ物まではいかない大きさの虫歯の方におすすめな方法です。

リスク:歯ぎしりや嚙みあわせ調整に不具合があった場合は早期に外れてくる場合があります。
治療期間:3回(①型取り・仮歯②セット③嚙みあわせ確認)

価格表(税込)

初診料
5,000円
ダイレクトCR
45,000円
セラミックインレー
65,000円
歯周精密検査
4,000円
咬みあわせ検査
3,000〜10,000円
セカンドオピニオン
5,000円