その他

治療後の注意事項

麻酔の施術を受けられた方へ

・麻酔は1〜3時間で切れます。麻酔は量や体質、その日のお体の状態により異なることがあり、長時間麻酔が切れない場合も稀にありますが、問題ありません。

麻酔が覚めにくいときは、温かいタオルで顔の表面より患部を温めると、血流がよくなり、効果的です。

お食事は、麻酔が切れてからが望ましいですが、舌、唇、頬などを間違って噛まない程度に麻酔が切れましたら、自己判断で慎重にお食事されても大丈夫です。その際は、とくに熱い飲み物などにご注意ください。

お子様の場合は、痺れているところを噛んだり、頬を引っ張ってしまい、麻酔が切れた後に腫れるケースがありますので保護者の方は注意深く見守っていただくようお願いいたします。

仮歯の施術を受けられた方へ

お食事は治療から30分経過後からにしてください。

仮歯は取れやすいので粘着性の強い物、硬い食べものは避けてください(プラスチックの為、強度に劣ること。外す時を考慮し、弱い接着剤でつけています。)

仮歯が取れた場合は、壊れていても、外れた仮歯を来院時に持って来てください

予約外での来院の際は、事前のご連絡をいただけると助かります。

根の治療を受けられた方へ

お食事は30分経過後からにしてください。

お食事は治療した歯と逆側で食べるようにしてください。噛むと痛みが出ます。

麻酔が切れてから痛みが出る場合があります。痛みが強い場合はご連絡ください。

麻酔がきれる頃から一時的に痛みが出る場合があります。

傷口が出来たことと同じですので、傷が治るにしたがって痛みは和らいでくると思います。痛みがひどい場合は痛み止めを服用してください。

治療している歯は脆くなっています。治療中の歯で噛まないように注意してください。今日、根管内に入れたお薬は1〜2週間しか作用しません。

それを過ぎますと、根管内でバイ菌が繁殖してしまう可能性がありますので、必ず次の治療を受けるようにしてください。

治療によって細菌の量が減っていくと、体に溜まっていた膿を出そうとします。しかし、詰め物によって行き場所を塞がれているので、膿が溜まって歯茎が腫れ得て痛む場合があります。その際はご連絡ください。

歯の根管の形や状態によって治療回数、治療時間が異なります。ご了承ください。

仮の蓋の表面が取れてくることがありますが、表面だけであれば問題ありません。

来院予定より前でも何か変わったことがありましたらお気軽にご連絡ください。

 

歯を抜いた方へ

出血について
・止血のためガーゼは10分程しっかり咬んで下さい。その後はガーゼは捨てて下さい。

・出血がその後も続く場合、新しいガーゼに取り替え20分程度しっかり咬んで様子を見てください。

・翌日まで唾液に混じってうすい血が出ることがあります。

・血がにじむのは異常ではありません。治療当日は枕にタオルなどを敷いて寝る事をお勧めします。

・抜歯後のカサブタは皮膚のものと異なりゼリー状のカサブタです。少量の出血を気にして何度もうがいを行うこと血が止まりづらくなったり、カサブタが取れて痛みが出たり等、傷が治りにくくなります。

・抜歯した部分を指や舌で触れると出血したり、細菌に感染したりすることもあるのであまり刺激しないようにしましょう。

・短時間で水道の蛇口をひねったように、お口の中が血で一杯になるような出血は異常ですのですぐにご連絡ください。

運動や入浴について

・抜歯当日は激しい運動やサウナなど血流が良くなることは避けてください。出血がしやすくなります。

・特に腫れや痛みがなければ軽い入浴(シャワー程度)は大丈夫です。

お薬について
・麻酔がさめて痛みがある時は痛み止めを飲んでください。痛みがとまったら飲むのをやめてください。
※心配な方は、麻酔が覚める前にお飲みください。

・化膿止め(抗生物質)が処方されている場合、お渡しした分すべてを飲みきってください。

食事、飲酒、喫煙について
・麻酔がさめるまでの間は、頬の内側を咬みやすいため、なるべく反対側(抜いてないほう)で咬むようにしてください。固い物・辛い物・刺激物はさけてください。

・治療当日のアルコールは避けるようにしてください。
(血流が良くなると、痛みが出たり、出血の原因になります)

・たばこは傷の治りを悪くします。

痛み、腫れについて
痛みや腫れが気になる場合でも、氷で冷やす急冷の処置は避けてください。血液の循環が悪くなり余計に腫れる場合があります。どうしても冷やしたい場合には、水道水で濡らしたタオルを当てるなどしてください。

その他、気になる事がございましたら、お気軽にご連絡ください。
ハニー歯科 初台

関連記事