ホワイトニング

負担が少ないクリーニング「パウダーメンテナンス」とは

パウダーメンテナンスをご存知でしょうか?
従来のPMTCという自費クリーニングに変わるクリーニング法で、お水と粉を吹きかけることで汚れを落とす方法です。
周りの組織をなるべく傷つけず、しっかりお掃除ができます。

従来のラバーカップ法で行うPMTCとパウダーメンテナンスの違い

1.歯に優しい

歯を傷つけることなくクリーニングができます(世界的にこのクリーニングが最適とされています)

従来の方法は、ポリッシングブラシ、ラバーカップを使用し、傷ついた歯面をエナメル質の形状を変えながら研磨し平にしていくため研磨時に細かな傷が付きます。

対して、こちらのエアフローは、研磨剤を使わず、器具は非接触で特殊パウダーでバイオフィルム(微生物の集合体、プラークなども含まれる)を除去します。そのため、エナメル質の形状を変わらず、傷をつけずに処置する事が可能です。

2.従来と比べ効率よく綺麗に

パウダーメンテナンスは歯周ポケット4mmまで水圧でパウダーが到達するため、細かいところまで洗浄でき、以前より効率的に綺麗になります。

3.ツルツルが持続する

一時的なツルツル感は個人差もあります。しかし、このクリーニング法は傷が少なくすむため、細菌が付きづらく、バイオフィルムの形成もされづらくなります。つまり、メンテナンス期間が長く保ちやすくなります。また、同様の理由でステインも付きづらいメリットがあります。

4.痛みも軽減

温水での施術のため、以前と比較して施術中の『しみる』が軽減されています。論文により従来との比較において、歯肉を傷つけることが少ないため、痛みが少なくいということもわかっています。

5.むし歯予防

使用するパウダー(エリスリトール)にむし歯抑制効果があります。

パウダーメンテナンスは誰でもできる?

以下の方は、一部パウダーや機械の使用を控えさせていただいております。

・重症または不安定な呼吸器系疾患の方
・アレルギー体質の方
・消化器潰瘍のある方
・腎臓障害、心機能、肺機能障害のある方
・口腔内に外傷や炎症がある方
・心臓ペースメーカー、除細動装置など埋め込み式の電子機器を装着している方
・妊娠中、授乳中の方
・ナトリウム摂取制限を必要とする方
(高血圧、高ナトリウム血症、浮腫、妊娠高血圧症候群、低クロル性アルカローシスなどの電解失調の方)
・香料成分にアレルギーのある方、エリスリトールまたは塩化セチルビリジニウム(CPC)にアレルギーのある方

パウダーメンテンスについての論文でも、「歯周ポケットが5mm以内までであればパウダーメンテナンスが有効 」と記載があります。
痛みが少ないのに、キレイになると患者さまからも好評です♪

症例紹介 29歳・男性・主訴『歯石を取りたい』

治療前

治療後

(クリーニング30分後)

Instagramでも歯のケア情報を更新中です。
よかったらフォローしてくださいね!

ハニー歯科 初台 インスタグラム

関連記事