歯を削る通常のブリッジのほか、削らないブリッジや、少しだけ削るインレーブリッジなど数種類からお選びいただけます

ブリッジとは、虫歯や歯周病により歯を失ってしまった部分を補うために、その両隣の歯を土台にして、連続した被せ物を装着する治療です。ブリッジには、保険適応の金属製のものや適応外のセラミック製など、様々なものがあります。 現在では、削る量を減らすブリッジもあります(適応症に限りあり))

保険のクラウン型のブリッジ(奥歯用)

金属がメインで、歯を補う箇所は内部が白いプラスチック製です。
メリットは安価なことと、入れ歯のような取り外しがないので楽なこと。
虫歯や歯周病に気をつけ、しっかり磨く必要があります。

インレーブリッジ

削る量を少なくすることができる保険のブリッジです。
デメリットは、咬合力が強い奥歯の適応なため、外れやすいこと。

セラミックのブリッジ

セラミックは汚れが付きにくいため、虫歯や歯周病のリスクは保険のブリッジに比べて優位であるが、隣在歯が健康な歯の場合は第一選択ではない。
セラミックブリッジの場合は、形成や咬合などに配慮し、より長持ちするような工夫をしています。

シングルリテンションブリッジ

限りなく削る量を少なくしたブリッジ。
こんな方におすすめです。
・前歯が1本だけなく、隣の歯が健康な歯
・外科処置の予後が悪そう(歯周病などで骨が少ない)または全身疾患によりオペ不可
・噛み合わせが深くない
・歯ぎしり、食いしばりがない

価格表(税込)

保険のクラウン型のブリッジ(奥歯用:3本例)
25,000円
保険のクラウン型のブリッジ(前歯用:3本例)
30,000円
インレーブリッジ
20,000円
セラミックのブリッジ(前歯用:3本)
390,000円
セラミックのブリッジ(奥歯用:3本)
330,000円
シングルリテンションブリッジ
250,000円