神経を救う方法(バイタルパルプセラピー)別名、歯髄温存療法。
神経を残すことにより、歯の寿命を伸ばすことができる治療法です。

できるだけ健康な歯を削らない、歯を残す治療をこころがけております。 虫歯が大きくて、神経を取らなければいけない・・・そのような状態でもです。

ハニー歯科が神経を残すことにこだわるワケ

むし歯と歯周病は定期的なメンテナンスを行うことでかなり予防できるようになっています。しかし、歯根破折(歯根にヒビ)を予防することは、非常に困難で抜歯する他に手段は無く、治療法も確立していません。

歯根破折をしてしまう歯の多くは歯髄(神経)を取っている歯(無髄歯)であることが明らかになっています。つまり、抜歯により歯を失うことを避けるためには、できるだけ歯髄を保存すること(神経を抜かないこと)が重要になってきます。

神経を抜いた場合のデメリット

1.歯が脆くなり、破折のリスクが格段に上がる。
2.虫歯ができても気付きにくい(痛みを伴わず進行するため)
3.歯の色が変色する。
4.歯の根っこの部分の再感染による痛みが出る。

VPT処置の流れ

マイクロスコープを使用し、虫歯を取りきり、感染が考えられる神経を、滅菌された器具で一部除去し、MTAセメントを詰めていきます。
(※MTAセメントは非常に優秀で、封鎖性が高く、持続的な抗菌力をもっています)

MTAセメントは充填後、24時間後には硬化が終わります。その間は、十分な封鎖のできる仮蓋(白いプラスチック)をして一週間ほど待ちます。
処置後は密閉したまま経過を見ます。(痛みが出ないこと、もともとあった症状が落ち着くことを確認するため)
その後、歯の神経の保存を確認できたら、仮蓋を除去して、治療を進めていきます。

VPT処置後の選択肢

・ダイレクトボンディング
・セラミックインレー
・メタルインレー(銀歯)
のいずれかで治療します。

VPTのデメリット

治療したにも関わらず、痛みが治らない。または、痛みが出現してしまう可能性がある。
1度神経が回復し痛みがなくなっても、神経が死んでしまい壊死を起こしてしまう場合がある。その場合は、根の治療になってしまうので、治療回数や治療費がかかってしまう。

以上のようなリスクもありますので、口腔内の状況、患者さまの現在の状況なども踏まえて最適解を一緒に探していきましょう

価格表

VPT
22,000円
ダイレクトボンディング
3,5000円
セラミックインレー
65,000円〜
メタルインレー(銀歯)
11,000円