他医院で抜歯と診断された方のセカンドオピニオン外来も設置しております。
お気軽にご相談ください。
また、抜歯の際は、麻酔の痛みを抑えること、お口をあけている時間を短縮することに努めています。

一度歯が悪くなってしまった場合、抜くほうが簡単な場合が多いのは事実です。しかし、歯1本の価値は非常に大きく、当医院ではなるべく患者さまご自身の歯を残していただくことを大切にしています。 虫歯により健康な歯が1,5mm以上ない、歯が割れているなどの場合は、基本的には抜歯が必要ですが、歯の状態により残せる場合もあります。

当医院では、上記のような場合であってもすぐに抜歯と診断せず、レントゲンにて根の長さと隣の歯の状態を考慮の上、慎重に虫歯を除去します。
そして健康な歯質を限りなく残すように努めた上で、歯の量、状態に応じて診断し以下の方法のご提案を行っております。

1.MTM(小矯正/エクストルージョン)
2.クラウンレングスニング
3.MTAセメントによるクラックの補修
4.意図的再植法
(※上記すべて保険適用外)
※いずれも、通常の歯より耐久性低い歯がほとんどのため、Br(ブリッジ)する歯や入れ歯のバネがかかる歯など、噛む力が通常以上にかかる状態のお口の方には適応しません。
また、歯ぎしり、食いしばりが強い方は予後不良になる場合があります。
メリット、デメリットを把握していただき、抜歯か保存にチャレンジするか選択していただいております。
※保険内治療のみご希望の方は保険内での最適プランについてご提案させていただきます

『MTM(小矯正)とは』健康な歯を矯正治療で上に引っ張りあげる方法です。

1. 虫歯などにより歯冠が失われ、歯根しかない歯の両隣の歯に矯正装置のワイヤーをつけます。
2. 歯根にフック状のワイヤーを付けて、ゴムの力で引っ張り上げます。
3. 歯を引っ張りあげてから骨が出来るまでしばらく待ったあとで、歯周靭帯を整える手術をして、仮歯を入れ固定します。
4. 矯正力をかけた期間と同じ期間固定し、安定後、型取りし、被せ物をしていきます。(別途:セラミック代)

外科手術(クラウンレングスニング)について

土台となる歯の高さ2mmを得るために、骨を削る方法です。
前歯など笑った時に歯ぐきが下がると審美的によくない場合は、上記の方法がおすすめです。

MTAセメントによるクラック(破折部分)の補修

再根管治療にはヒビや破折、内部の穴などが感染源が原因で再度痛みや膿みが溜まっていることがあります。その際、今までは抜歯と診断するより手段がなかったのですが、小さなひびであればMTAセメントで埋めることによって、歯のひびを封鎖し、細菌が入りにくい状態にすることができます。

また、治療を何度も繰り返していたりなど、歯が薄くなり穴が空いてしまっている場合も抜歯せず、MTAセメントで埋めることによって、細菌の侵入を防ぎ、歯の寿命を伸ばすことができます。

意図的再植法

意図的再法とは、一度歯を抜いて、根の外にある感染部分を取り除き、再度歯を戻してくっつけるという方法です。

リスク(デメリット)
・歯の根の形によっては、抜く際に歯が折れてしまい、そのまま抜歯になることがある.
・再度歯がくっつくには、根の周りにある歯根膜という組織が必要不可欠になるのですが、その際に歯根膜が取れてしまったり、損傷する場合もあり、その際はくっけることができない。

上記より、通常の根管治療の上、どうしても根管外に細菌感染があり、治癒しないという症例に限り、施術させていただいております。

価格表

初診料
5,000円
再診料
3,000円
抜歯
3,000~5,000円
紹介状
3,000円
小矯正(MTM)
99,000円(被せ物別途)
外科手術(クラウンレングスニング)
55,000円(被せ物別途)